本文へスキップ

サンワスポーツ/websports は、創業35年 大阪のスキー専門店です。

電話でのお問い合わせはTEL.06-6762-1458

〒540-0017 大阪市中央区松屋町住吉5-6 サンプラス株式会社

スキビンディングの選び方 CHOICE OF SKI BINDING

ノリロー店長がスキービンディングの選び方の肝を解説させていただきます。

■ スキービンディングの選び方

最近のスキーではほとんどのモデルがスキーの性能を十分発揮できるようにスキーとビンディング、デバイス(昔で言うところのプレート)がセットアップされているものがほとんどです。したがってビンディングだけを選ぶことは少なくなりましたが参考のために基本的な機能・性能を紹介させていただきます。

基本的な機能・性能について

解放機能 スキーヤーにとって危険な力が掛かるとブーツを解放させる機能です。ビンディングのクラスの違いは解放という部分では解放の方法や解放の方向などがより安全なものがハイクラスになっています。

拘束機能 解放機能とはまったく逆に危険な力が掛かっていない場合にはビンディングはブーツをしっかりと拘束しておかなければいけない働きもあります、高速で滑っているときに急にビンディングが外れるととても危険ですよね!この拘束機能も解放機能と同じようにハイクラスのビンディングのほうが拘束力が強くできています。

エラスティック性能(復元力) 復元力とは上で説明をした解放機能と拘束機能の調整をする力のようなものです。たとえば、スキー滑走時にはビンディングは拘束力が強くブーツをしっかり固定しています。滑走中に何かの衝撃を受けるとビンディングは拘束力を弱め、解放の準備がはじまります、この時スキーヤーが自らのリカバリーによって危険な力が掛かるのを回避するとビンディングは即座に解放準備をやめてしっかりした拘束力をかけます。このように拘束から解放、解放から拘束という動きのことや動きの早さを復元力といいます。基本的にはより上級機種のほうが復元力は強く、早いです。

機能・性能については上記のような違いがあります。ビンディングをお買い求めの場合はスキーヤーのレベルにあったモデルを選ぶことが一番大事です。

ちなみにフリースタイルスキーの場合の選び方も基本的には同じですが、フリースタイルスキーの場合は滑走以外の部分でかなりの負荷がかかる過酷な使い方をしますので、すこしクラスが上の耐久性の高いモデルを選ぶほうがいいですね。 また、ブレーキについては基本的にスイッチには対応しておりませんのでスイッチでのトリックをすればかなりの確率で壊れます、消耗品とお考えいただいたほうがいいとおもいます。


スキー板
スキーの選び方はこちらより
スキーブーツ
スキーブーツの選び方はこちらより
ビンディング
ビンディングの選び方はこちらより
ストック
ストックの選び方はこちらより
メンテナンス
スキーのメンテナンス方法解説はこちらより

shop info店舗情報

サンワスポーツ

〒540-0017
大阪市中央区松屋町住吉5-6 サンプラス株式会社
TEL.06-6762-1458
FAX.06-6762-1450
mail:info-sanwa@websports.jp